スタジオ・ポーキュパイン

世界の人々を全員 自然好きにしてしまうのだ!

トリノトリビア 表紙

トリノトリビア

野鳥は、いちばん身近な野生の脊椎動物です。なんなら、町中に建つ家からだって観察できます。

生け垣でチュンチュンと鳴いているスズメ、駅前にたむろするドバト、駐車場をダッシュするハクセキレイ……ふだん目にする街角の光景には、けっこう野鳥が入りこんでいるものです。

トリノトリビア 4ページ

そんな身近な鳥たちのくらしぶりを、マツダユカさんの4コママンガを切り口に、紹介します。マツダユカさんが描く鳥たち、その姿を見ただけで、くすりと笑ってしまうぐらい、特徴を捉えていて、かわいらしくて、マツダユカさんの鳥への愛があふれ出ています。

マンガもおもしろいのです。

野鳥を観察したことのある方なら、よく見るしぐさも、セリフがはまって「あ〜、いってそう!」となります。

トリノトリビア 64ページ

4コママンガに描かれた生態は、左ページで読み解かれます。

「よく見る、そのしぐさ!」という生態を、なるべく取り上げました。なぜそんなことをするのか、すっきりわかります。

監修、執筆に、鳥類学者の川上和人さん、執筆に研究者の三上かつらさんを迎えて、興味深い内容をつめこんだ読みものになりました。

やまあらしちゃんBOOK DATA

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ

西東社2018年10月192ページ

監修川上和人

マンガマツダユカ

執筆川上和人、三上かつら、川嶋隆義

デザイン室田潤(細山田デザイン事務所)

編集協力川嶋隆義、寒竹孝子(スタジオ・ポーキュパイン)

🔝