スタジオ・ポーキュパイン

世界の人々を全員 自然好きにしてしまうのだ!

チリメンモンスターのひみつ 表紙

チリメンモンスターのひみつさぐれ! 海の生き物のくらし

2009年に刊行された『チリメンモンスターをさがせ!』の第2弾です。

『チリメンモンスターをさがせ!』は、絵本のなかでチリメンモンスター(チリモン)さがしを楽しみながら、海の生き物の大きな分類が理解できるようなつくり。チリモンをとおして、海の生き物を身近に感じ、すきになってもらいたいと思ってつくった本でした。でも、せっかくすきになってもらったのだから、そこでおわらせたくない! との思いから、『チリメンモンスターのひみつ』は生まれました。

チリメンモンスターのひみつ 30ページ

チリモンは、海の生き物の子どもたちです。もし、つかまらずに大きくなったら、どんなくらしをするのか知ることができたら、より興味が深まるんじゃないかな、くらしている場所もわかったら、ほかの生き物とのつながりも見えてきて、楽しいんじゃないかな、そうやって考えていくのは楽しい作業です。絵のいずもりさんと、見開きいっぱいにどうやって表現していくか、相談しながら進めました。

最初は、「魚」「イカ・タコ」「エビ・カニ」をそれぞれ1冊ずつのおはなしにするつもりでした。それが、いつの間にやら、ぎゅぎゅっとまとまって、72ページものボリュームの1冊になりました。なかなかの大作です。

チリメンモンスターのひみつ 52ページ

第1章では、海の生き物の成長を追っています。見開きのなかに時間の流れも表現しないとならなかったので、いずもりさんはたいへんだったと思います。第2章は浅い海から、深海まで、生き物がくらす海のなかの環境を、場所ごとに紹介。第3章では、海そのものについて解説しています。

あ、もちろん、チリモン図鑑もついていますよ!

どのページにも、ものすごい数の生き物がつまっています。すみずみまでながめても楽しい本です。

やまあらしちゃんBOOK DATA

チリメンモンスターのひみつさぐれ! 海の生き物のくらし

偕成社2016年7月72ページ

監修きしわだ自然資料館、武田正倫

指導協力きしわだ自然友の会(渡辺克典、藤田吉広)、日下部敬之(大阪府立環境農林水産総合研究所)、斎藤真美(水土舎)

チリメンモンスター提供きしわだ自然資料館、きしわだ自然友の会、株式会社カネ上

写真提供高久 至(表紙・章扉)、きしわだ自然資料館

取材協力堀川真世

いずもりよう

寒竹孝子

撮影川嶋隆義

ブックデザインニシ工芸株式会社

校閲川原みゆき

編集川嶋隆義・寒竹孝子(スタジオ・ポーキュパイン)

🔝